宮城のニュース

女川再稼働、不同意求め署名8470筆 石巻の市民団体が市議会に提出

大森議長(左)に署名を手渡す市民団体の関係者

 東北電力女川原発2号機(宮城県女川町、石巻市)の再稼働を巡り、石巻市などの15の市民団体は27日、市議会に対し、再稼働に反対する市民の署名8470筆を提出した。
 いのちと郷土を守る市民の会(石巻市)などの関係者7人が大森秀一議長を訪問。再稼働に関する「地元同意」について「市民は原発の安全性や避難計画の実効性を不安視している。慎重に判断してほしい」と求めた。
 大森議長は、賛否双方の団体から提出された再稼働に関する請願・陳情計2件が審議中だと説明。「署名の提出を踏まえ、審査の議論をさらに深めてもらう」と述べた。
 団体は署名を菅原秀幸副市長にも提出した。


2020年08月28日金曜日


先頭に戻る