青森のニュース

青森産デザート、ファーストクラスで JAL国際線

ファーストクラスで提供されるデザート

 青森市の菓子店「二階堂」のりんごゼリーと抹茶クッキーが、日本航空(JAL)の機内食のデザートに決まった。9〜11月、日本着の国際線ファーストクラスで提供される。
 採用されたのは「あおもり林檎(りんご)ジュエリー」と「抹茶チョコサンドクッキー」。ゼリーは県産のふじの甘煮入りで、しゃきしゃきとした食感も味わえる。クッキーは外国人向けに苦味を抑えた。
 JAL青森支店によると、青森県内の商品がファーストクラスのデザートに選ばれるのは初めて。全国から応募があり、JALの社内選考で決定した。
 25日に県庁で会見した二階堂の二階隆光社長は「大変光栄。デザートで青森の良さを発信したい」と話した。ゼリーは二階堂の各店でも1個350円(税別)で販売している。


関連ページ: 青森 経済

2020年08月28日金曜日


先頭に戻る