宮城のニュース

<楽天>西武に競り勝つ 則本昂好投、6回1失点

6回西武1死一塁、外崎を三ゴロ併殺打に仕留め、こぶしを振り下ろして喜ぶ東北楽天の先発則本昂(佐藤琢磨撮影)

 東北楽天が競り勝った。
 打線は0−1の五回無死一、二塁から岡島の右前適時打で追い付き、さらに無死一、三塁から足立の遊ゴロ併殺打の間に勝ち越した。
 先発則本昂は五回2死三塁から木村の左翼線二塁打で先制されたものの、6回4安打1失点と好投。続く宋家豪、牧田、ブセニッツが無失点で逃げ切った。
 西武の先発ニールは6回5安打2失点と粘投したが、4敗目を喫した。

 東北楽天−西武12回戦(東北楽天7勝4敗1分け、18時01分、楽天生命パーク宮城、4,208人)
西  武000010000−1
東北楽天00002000×−2
▽勝 則本昂11試合5勝3敗
▽S ブセニッツ24試合1勝7S
▽敗 ニール11試合2勝4敗


2020年08月29日土曜日


先頭に戻る