宮城のニュース

カーナビ音声が影響? 8月21日「女子大生の日」16日説流布 ネット上で修正の動き

国立公文書館の「女子大生の日」に関する訂正ツイート

 東北大の申請に基づいて日本記念日協会(長野県)が今年初めて登録した8月21日の「女子大生の日」について、誤った8月16日説が流布されてきた理由はどこにあるのか? ツイッターなどで拡散された背景を探ると、出版物と同時に、カーナビの音声案内の影響が見えてきた。
(報道部・末永智弘)

 女子大生の日は1913(大正2)年、東北大前身の東北帝大が日本で初めて女性3人に入学を許可した日にちなんでいる。
 誤りの16日説は以前からインターネット上で拡散。今年の16日も「きょうは女子大生の日」との投稿がツイッターに相次いだ。国立公文書館の公式アカウントも「今日は女子大生の日」とツイート。河北新報社の指摘を受け、訂正した。
 実際にツイートをした公文書館の担当者によると、1999年に出版された「記念日の事典」(東京堂出版)に、8月16日が女子大生の日と掲載されており、根拠にしたという。
 ただ、公文書館のように本を引っ張り出して投稿する人は少数派とみられる。ツイッターで16日説が広く語られている理由は他にあるのではないか? 悩んでいると、会社の先輩がヒントがもたらしてくれた。
 「カーナビの音声案内、女子大生の日を間違えたままだよ」
 一部のカーナビは、その日最初に起動したとき「きょうは○月△日です。□□の日です」との音声案内が流れる。どうやら8月16日が「女子大生の日」になっているらしい。ツイッターでも「カーナビが女子大生の日と教えてくれた」との投稿がいくつかある。
 東北大によると、16日は「女性3人が入学を許可され、きょうの官報で発表される」との記事が一部新聞に載った日。ところが、実際に官報に掲載されたのは21日だった。
 まとめると、次のように推測できる。
 当時の新聞記事を基に8月16日、日本初の女子大生に入学許可が出たとされ、本にも取り上げられた。その後、インターネットやカーナビの影響で、16日との誤解が広まった。
 日本記念日協会が21日を「女子大生の日」と登録したことで、16日から21日に日付を修正したインターネットのサイトも見られる。今後は正しい情報が広まると期待したい。

[女子大生の日]8月21日。東北帝大が1913年、日本で初めて女性の入学(9月入学)を許可した日にちなむ。同大は旧制高校の卒業生に限定していた受験資格を、官立専門学校卒業生や、中学校か師範学校の教員免許所有者らにも認めた。この結果女性にも門戸が開かれ、黒田チカ、丹下ウメ、牧田らくの3人が理科大学(理学部)に入学した。黒田は理学博士となり、お茶の水女子大教授を務めた。


関連ページ: 宮城 社会

2020年08月31日月曜日


先頭に戻る