宮城のニュース

<いぎなり仙台>体験すっぺ!パラグライダー(宮城・七ヶ浜町の菖蒲田海水浴場)360度大パノラマ堪能

インストラクターの指導を受けパラグライダーで大空の散歩を体験する記者(前)=宮城県七ケ浜町の菖蒲田海水浴場

 「日本三景松島を足元に見渡せる」。エンジン付きの2人乗りパラグライダーのうたい文句に心引かれた。塩釜支局に4月に赴任以来、松島湾を巡る遊覧船には何度も乗ったが、空からの眺めは試していない。
 宮城県七ケ浜町の菖蒲田海水浴場から飛ぶ「松島パラグライダー体験」に申し込んだ。運営する風の丘(仙台市)社長兼パイロットの山谷武繁さん(50)は「人生で一番の感動を更新します」と断言。いやが上にも期待は高まる。
 予約した13日は快晴。装備を身に着け、空中での姿勢や離着陸法の講習を受けると緊張感が増してくる。「事業を始めた2013年から事故はありません」。その言葉にほっとした。
 離陸に向けてエンジンを背負った山谷さんの前につながる。午後2時45分、風速約2メートル。掛け声と同時に海へ向かって砂浜を走ると、海風を受け、10歩程度でパラグライダーと共に体が浮き上がった。
 ぐんぐんと上昇し、高度約250メートルに達する。地上の暑さがうそのように快適だ。眼下には松島湾。近くに塩釜、石巻両市街地も一望できる。地上からでは見えない都市と自然のコントラストが目に楽しい。
 海水浴場の上空を南北に飛び、360度の大パノラマを堪能。「あれが(石巻市の離島の)田代島。向こうは蔵王連峰で、南相馬市も見えますね」。山谷さんの説明を聞きながら約10分間の遊覧飛行を終えた。
 圧倒的な景観に見入ってしまい、自分のスマートフォンで写真を撮るのを忘れた。取材にかこつけてもう一度飛ぼうか。
(高橋公彦)

[松島パラグライダー体験]エンジン付きで、海の上を飛ぶパラグライダーは東北で唯一。料金は1万3000円(保険料500円込み)。飛行中にスマートフォンやデジカメで撮影できる。実施期間は4〜10月の午前10時〜午後5時。1日20人程度。予約の受付時間は午前8時〜午後8時。連絡先は090(8255)9187。


2020年08月31日月曜日


先頭に戻る