宮城のニュース

ユアスタ、空席も金色に ベガルタが「入場しない応援チケット」発売

J1仙台が発売した「ゴールデンチケット」の例。選手の写真入りで、試合ごとにデザインが異なる(ベガルタ仙台提供)

 サッカーJ1仙台は31日、ユアテックスタジアム仙台(仙台市泉区)の空席をチームカラーの金色で彩る「ゴールデンチケット」を発売した。新型コロナウイルス感染予防のソーシャル・ディスタンス(社会的距離)確保で使えない座席の有効活用策。入場しなくても、サポーターで埋まったコロナ禍以前のスタンドを違う形で演出し、選手を後押しする。
 発売されたチケットは9月13日の大分戦から10月までの4試合分で、1枚550円。売れた枚数と同じ数の席に金色のカバーを付ける。選手の写真が入るチケットのデザインは試合ごとに異なり、サッカー文化に造詣の深い山田啓介さんら著名なデザイナーや、元日本代表で仙台のクラブコーディネーターの平瀬智行さんらが手掛ける。
 セット商品も3枚組(1650円)からあり、価格に応じて選手のサインやパーカなどが付く。最高額は全選手とチームマスコット、「ベガッ太」「ルターナ」のサイン入り特注フレーム付きの33枚組で11万円。
 クラブはこれまでも「ベガッ太」の縫いぐるみやTシャツを販売し、空席を埋める作戦を展開。今回のチケットは第3弾となる。担当者は「複数枚お求めいただく楽しみもある。ゴールドに輝くスタンドの実現に協力してほしい」と呼び掛ける。
 連絡先はベガルタ仙台022(216)1011。


2020年08月31日月曜日


先頭に戻る