宮城のニュース

首相辞意表明巡る発言 「未熟な表現」石垣氏が陳謝

 立憲民主党の石垣のり子参院議員(宮城選挙区)は31日、河北新報社の取材に応じ、持病を理由に辞意を表明した安倍晋三首相を巡るツイッターでの発言について「病気の当事者に誤解を与えてしまう未熟な表現だった」と陳謝した。
 石垣氏は安倍首相の辞任表明を受けて8月28日、「『大事な時に体を壊す癖がある危機管理能力のない人物』を総理総裁に担ぎ続けた自民党の『選任責任』は厳しく問われるべきだ」などと投稿。インターネットを中心に「病気と闘っている人への侮辱だ」といった批判が相次いだ。
 石垣氏は「病気を持つ人へのやゆや人権を無視する意図は全くなかった。配慮が足りず、申し訳なかった」と釈明した。


関連ページ: 宮城 政治・行政

2020年09月01日火曜日


先頭に戻る