宮城のニュース

仙台で2人感染 市内は計165人に

 仙台市は1日、いずれもアルバイト従業員の30代女性と20代男性が、新型コロナウイルスに感染したと発表した。男性は入院中、女性も近く入院するが、重篤ではない。市内の感染確認は計165人となった。
 市によると、女性は8月28日に倦怠(けんたい)感などがあり、29日に発熱などの症状が現れ、31日に医療機関を受診し、検体を採取した。28日に出勤。濃厚接触者は2人。男性は30日に発熱などがあり、31日に帰国者・接触者外来を受診した。28、29日に出勤。濃厚接触者は3人。
 2人の勤務先は別々だが、いずれも接待を伴う仕事のため、市は不特定多数との接触がないか調べる。
 児童2人が感染した新田小(宮城野区)では、一部の教職員と児童を対象とした検査の結果、全員の陰性が確認された。女性職員が感染したYMCA西中田保育園(太白区)は、濃厚接触者の園児6人を含め、検査対象の園児と職員9人全員が陰性と分かった。


関連ページ: 宮城 社会 新型コロナ

2020年09月02日水曜日


先頭に戻る