宮城のニュース

さんさん商店街のコロナ落書き 「嫌がらせ許せない」南三陸町長

トイレで見つかった落書き

 南三陸町の佐藤仁町長は1日の定例記者会見で、南三陸さんさん商店街で新型コロナウイルスを示唆する落書きが見つかったことについて「嫌がらせは断じて許せない。犯人の逮捕を強く願う」と憤りを示した。
 落書きは8月28日朝、トイレの壁など9カ所で見つかり、このうち7カ所はウイルスとみられるイラストが描かれていた。商店街の運営会社によると、防犯カメラには28日未明に不審な行動をしている人が映っていたという。
 現在、南三陸署が建造物損壊容疑で捜査している。町民や商店街関係者で新型コロナの感染者は確認されていない。
 佐藤町長は「コロナ禍で営業自粛や時間短縮した店もあり、経営維持に苦労している。嫌がらせはやめてもらいたい」と訴えた。


関連ページ: 宮城 社会 新型コロナ

2020年09月02日水曜日


先頭に戻る