岩手のニュース

RORO船が釜石に試験寄港 定期航路復活目指す

RORO船から陸揚げされるシャシー

 国内海上輸送の主軸となるRORO(ロールオン・ロールオフ)船が1日、岩手県釜石市の釜石港に東日本大震災後初めて寄港した。市や物流企業などでつくる釜石港湾振興協議会の働き掛けで実現した試験寄港で、震災前にあった定期航路の復活を目指す。
 寄港したのは、RORO船を運航するプリンス海運(神戸市)のデイブレイクスベル(7971トン)。長さ13メートルのトレーラーシャシー4台を陸揚げした。同社は京浜−仙台−八戸−苫小牧(北海道)間に週3便、RORO船を運航しており、8日に再び寄港。岩手県内の企業4社の貨物を苫小牧港へ運ぶ。
 RORO船は貨物を積んだシャシー(荷台)をトレーラーヘッドで積載し、自動車や重機の輸送にも使用される。釜石港には震災前、岩手県金ケ崎町の関東自動車工業(現トヨタ自動車東日本)岩手工場の製造車を運ぶため、4日おきにRORO船が寄港したが、現在は仙台港から輸送する。
 航路復活には安定した集荷と貨物置き場を備えた専用埠頭(ふとう)の整備が課題となる。市国際港湾産業課の中平貴之課長補佐は「北海道や西日本と結ぶ航路開設に向けてポートセールスを強化し、県や国に港湾整備を求めていく」と話した。


関連ページ: 岩手 経済

2020年09月02日水曜日


先頭に戻る