秋田のニュース

菅氏の「首相指名」をPVで 出身の湯沢市検討

 秋田県湯沢市の鈴木俊夫市長は2日、安倍晋三首相の後継を決める自民党総裁選で市出身の菅義偉官房長官が選出された場合、16日に召集される臨時国会の首相指名選挙を見守るパブリックビューイング(PV)を実施する方向で検討していることを明らかにした。
 鈴木市長は市議会9月定例会一般質問で「市民と一緒に喜び合う場所をつくりたい。市役所の市民ロビーをPV会場にできないかと考えている」と答弁した。
 市協働事業推進課によると、行政の政治的中立性を確保するため、菅氏の名前を出さない方向で調整している。「新首相選出の様子を視聴できる場を市民に提供する」という形にする。市民ロビーに加え、総合支所3カ所と雄勝文化会館をPV会場にする。
 昨年4月に元号の令和を菅氏が発表した際もPVを行い、市民ロビーに約150人が集まった。ファンファーレの生演奏もあった。今回は新型コロナウイルスの感染防止にも配慮する。


関連ページ: 秋田 政治・行政

2020年09月03日木曜日


先頭に戻る