宮城のニュース

南三陸などで局地的大雨 志津川で観測史上最大雨量

 宮城県内は5日、暖かく湿った空気の影響で大気の状態が不安定となり、局地的に雷を伴う激しい雨が降った。南三陸町志津川では午前8時半ごろ、観測史上最大の1時間当たり56ミリの雨量を記録した。
 仙台管区気象台は一時、気仙沼、登米両市と南三陸町に大雨洪水警報や土砂災害警戒情報を出した。
 県内では5日夜にかけ、1時間に30ミリの激しい雨が降る恐れがあるとして、低い土地の浸水や河川の増水、落雷への警戒を呼び掛けた。
 降り始めから午後4時までの総雨量は南三陸町志津川で96.5ミリ、仙台市泉ケ岳で50ミリ。6日午後6時までの24時間予想雨量は多いところで50ミリを見込む。
 6日の県内は東部、西部とも曇りや晴れ、所によって雨となる見通し。


関連ページ: 宮城 社会

2020年09月06日日曜日


先頭に戻る