福島のニュース

コロナ対応など在り方探る 福島で磐梯朝日国立公園70周年式典

歌を披露する普天間さん(右)と裏磐梯小の児童=5日、福島県北塩原村の裏磐梯レイクリゾート

 山形、福島、新潟の3県にまたがる磐梯朝日国立公園の指定70周年記念式典が5日、福島県北塩原村であった。新型コロナウイルス感染拡大など変化する社会に対応した国立公園の在り方を考えた。
 磐梯朝日国立公園は出羽三山朝日、飯豊、磐梯吾妻・猪苗代の3地域で構成。式典は環境省などが主催し、3地域計24市町村の関係者約60人が出席した。
 小泉進次郎環境相はあいさつで、旅行先で休暇を楽しみながらテレワークで仕事する「ワーケーション」を国立公園で展開する取り組みを強調。「福島をワーケーションの聖地にしたいと意気込む県と一緒に推進したい」と述べた。
 裏磐梯観光大使の歌手普天間かおりさんは、自作の曲「僕の誇り」を裏磐梯小の全児童29人と合唱。豊かな自然が引き継がれる裏磐梯に思いを寄せ、参加者は大きな拍手を送った。
 山をテーマにしたシンポジウムでは、登壇した大和川酒造(福島県喜多方市)当主の佐藤弥右衛門さんが「盆地の会津地方は飯豊山の水に恵まれ、酒などの醸造業が栄えた」と説明した。
 磐梯朝日国立公園は計18万6389ヘクタール。陸域では2番目に広い。1950年9月5日、17番目の国立公園として指定された。


関連ページ: 福島 社会 新型コロナ

2020年09月06日日曜日


先頭に戻る