宮城のニュース

村井嘉浩宮城県知事 定例記者会見 9/7

「新しい生活様式」の実践を改めて呼び掛ける村井知事

 村井嘉浩宮城県知事の7日の定例記者会見での主なやりとりは以下の通り。

 Q 新型コロナウイルスの対策を徹底した上で、安心して旅行を楽しんでもらうため、「東北・新潟共同メッセージ」を出した。
 A 東北、新潟7県知事と政令市の仙台、新潟両市、東北観光推進機構の松木茂会長の計10人で発表した。東北と新潟の魅力を再発見し、安心して旅行を楽しんでもらうのが目的。1日からは「仙台・宮城すずめのお宿キャンペーン」も展開している。東北新潟の魅力を再発見する旅に出掛け、季節の食や紅葉を満喫してほしい。

 Q 仙台市のバーで、クラスター(感染者集団)が発生した。
 A 飲食時、マスクを外すのはやむを得ないが、手洗いや消毒、ある程度の距離を保って楽しんでほしい。幸い、県内ではほとんどの感染者を追跡できている。今後もアプリを活用しながら感染拡大防止に努めたい。

 Q 8日告示の自民党総裁選は党員・党友投票を省略し、14日の両院議員総会で決まる。
 A 本来であれば党員投票で決定するが、状況を踏まえて最大限配慮した方法だと思う。(菅義偉官房長官、岸田文雄政調会長、石破茂元幹事長)3人の候補者には、東日本大震災からの復興に尽力してもらった。甲乙付けがたい。


2020年09月07日月曜日


先頭に戻る