宮城のニュース

<秋季高校野球>宮城県大会 角田、猛打で初戦突破

角田−佐沼 3回裏角田1死満塁、信濃が右中間に適時三塁打を放つ=仙台市民
志津川・涌谷−村田・柴田農林 6回2失点と好投した志津川・涌谷の先発久保田=仙台市民

 秋季東北地区高校野球県大会は6日、仙台市民、蔵王両球場で1回戦5試合があり、角田、東北学院榴ケ岡などが2回戦に駒を進めた。大会は12日に再開し、名取市民、鹿島台中央、平成の森しおかぜの3球場で1回戦6試合がある。

 ▽1回戦
加美農00000−0
仙台二9213×−15
(五回コールドゲーム)

村田・柴田農林
   000002003−5
   21003000×−6
志津川・涌谷

東北学院榴ケ岡
   360016−16
   000100−1
大河原商
(六回コールドゲーム)

白石工101400000−6
宮城工11003124×−12

佐 沼00010101−3
角 田03500002x−10
(八回コールドゲーム)


2020年09月07日月曜日


先頭に戻る