岩手のニュース

「コロナ終息祈念」切符を限定配布 一関・道の駅むろね

新型コロナウイルス退散の祈念切符の表(上)と裏

 一関市室根町の「道の駅むろね」は10日午前9時から、「新型コロナウイルス終息祈念」と題した切符を限定配布する。同駅で通常販売する「道の駅記念きっぷ」(180円)の購入者におまけとして300枚限定で配る。1人10枚まで。
 表面に「道の駅むろね霊峰室根山」「新型コロナウイルス終息祈念」と記載。裏面には1300年以上の歴史がある室根神社の特別大祭PRキャラクター「みこシスターズ」、妖怪アマビエがマスク使用などを呼び掛けるイラストが描かれている。
 「道の駅記念きっぷ」は各地の道の駅で販売され、訪問記念に買い求める愛好者もいるひそかな人気アイテム。コロナ関連の切符は東北の道の駅では初めての取り扱いで、小野寺淳駅長は「コロナ向けのお守りとして活用してほしい」と呼び掛ける。


関連ページ: 岩手 経済 新型コロナ

2020年09月08日火曜日


先頭に戻る