青森のニュース

「青天の霹靂」空高く 青森県が航空機の命名権取得

機体後方に施された青天の霹靂のロゴ

 青森県はフジドリームエアラインズ(FDA)の航空機1機の命名権(ネーミングライツ)を取得し、県のブランド米の名を冠した「青天の霹靂(へきれき)」号が10日、就航した。
 シルバーの機体の側面3カ所に、青を基調とした青天の霹靂のロゴマークを入れた。青森発着の名古屋、神戸両線を含め、全国17都市を結ぶ21路線で2021年3月末まで運航する。
 全84座席のヘッドレストカバーにもロゴを施した。機内誌で青森県の特集を組むなど、命名機以外でもPRに力を入れる。
 三村申吾知事は10日の記者会見で「全国を飛び回って、おいしさに驚いてもらいたい」と期待した。県とFDAは17年にも命名権契約し、「青天の霹靂」号の就航は2回目。


関連ページ: 青森 経済

2020年09月11日金曜日


先頭に戻る