福島のニュース

福島大、浜通りに国際教育拠点構想 大学院の一部を移転、24年度中目標

 東京電力福島第1原発事故で被災した福島県浜通りに整備する国際教育研究拠点構想で、福島大は10日、復興庁で記者会見し、第1次産業の研究を柱とした「浜通りキャンパス」の設置を目指すと発表した。
 食品産業の技術向上やブランド化を図る「アグリフードチェーン」、農業の担い手不足解消に向けた大規模生産やスマート農業などを研究する。福島市に置く大学院の機能の一部移転を想定し、開設時期は拠点構想と同じ2024年度中を目標に掲げる。
 三浦浩喜学長は「復興支援に取り組んできた地元国立大として拠点構想に参画したい。他大学や企業、小中高校との連携も強化していく」と述べた。
 会見に先立ち、田中和徳復興相に財政支援を要望した。田中氏は「浜通りの復興には人材育成を担う拠点が必要だ。力を貸していただきたい」と話した。


関連ページ: 福島 社会

2020年09月11日金曜日


先頭に戻る