福島のニュース

福島第1原発処理水 2次処理試験15日開始と東電発表

 東京電力は10日、福島第1原発構内でたまり続ける放射性物質トリチウムを含む処理水に関し、2次処理の試験を15日に始めると発表した。処理水に含まれるトリチウム以外の62核種の濃度が環境放出するための規制基準未満に下がるかどうか検証する。
 試験は10月中旬までを予定。タンクに保管中の高濃度処理水2000トンを多核種除去設備「ALPS(アルプス)」で改めて浄化する。その後は来年1月までをめどに、水中に含まれる放射性物質を分析・評価する。
 国は処理水の処分方法を検討中で、今回の試験は環境放出が決まった場合に備えるため実施する。現在保管中の処理水122万トンのうち7割は規制基準を満たさず、2次処理が必要とされる。


2020年09月11日金曜日


先頭に戻る