広域のニュース

合流新党代表に枝野氏 東北議員、期待と注文「人事は適材適所で」「過去の反省大切」

合流新党「立憲民主党」の代表に選出され、あいさつする枝野氏(左奥)=10日午後、東京都内のホテル

 立憲民主、国民民主両党などでつくる合流新党の代表選が投開票された10日、東北の議員からは新代表に決まった立民の枝野幸男代表に対する期待や注文が相次いだ。均衡の取れた党人事のほか、過去の経験を省みた党運営を求めた。
 国対委員長として枝野氏を支えた安住淳衆院議員(宮城5区)は「大きな固まりができた。自民党と対峙(たいじ)し、政権交代を成し遂げるトップにふさわしい」と評価。新党参加者の半数近くが大臣や副大臣、政務官の要職に就いた経験があるとし「適材適所の人事配置が肝心だ」と述べた。
 同じく枝野氏に投票した無所属の金子恵美衆院議員(福島1区)は「経験に基づいたリーダーシップがある」と話しつつ、「民主党の原点に立ち返り、過去の反省を踏まえる姿勢も欠かせない」と強調した。
 全体の3分の1に迫る票を得た国民の泉健太政調会長の処遇にも思いを巡らし「誰も排除しない政党を目指すべきだ」と党内融和を求めた。
 泉氏の選対本部長を務めた田名部匡代参院議員(青森選挙区)は「一人でも多くの仲間を増やせるような包容力を備えてほしい」と注文し、「政権批判に終始したこれまでの姿勢を反省しなければならない。有権者に選ばれる政策や結束力を示す必要がある」と自戒した。
 衆院の早期解散を見据え、枝野氏を無投票で選出すべきだと訴えてきた国民の小沢一郎衆院議員(岩手3区)は開票後、「ようやくここまで来た」と一言。新党人事などの質問にはほとんど答えず、足早に車へ乗り込んだ。


関連ページ: 広域 政治・行政

2020年09月11日金曜日


先頭に戻る