宮城のニュース

<楽天>茂木不屈 負けられぬ一戦、主将がサヨナラ弾

10回東北楽天1死二塁、茂木(5)が右越えにサヨナラ2ランを放ち祝福を受ける(佐藤琢磨撮影)

 東北楽天は今季初のサヨナラ勝ちで、連敗を4で止めた。3−4の延長十回、1死二塁で茂木が右越え2ランを放った。
 打線は0−2の一回、遊ゴロ併殺の間に1点。四回には野選と小深田の中前打で2点を加えた。先発石橋は6回6安打2失点と粘った。3−2の九回、抑えのブセニッツが同点とされ、延長十回は二つの失策が絡み一時、勝ち越された。6番手の青山が2勝目。
 日本ハムは7番手玉井が誤算だった。先発の吉田輝は6回途中3失点。

 東北楽天−日本ハム16回戦(東北楽天8勝7敗1分け、18時01分、楽天生命パーク宮城、4,178人)
日本ハム2000000011−4
東北楽天1002000002×−5
(延長10回)
▽勝 青山5試合2勝
▽敗 玉井32試合4勝3敗1S
▽本塁打 茂木7号(2)(玉井)


2020年09月12日土曜日


先頭に戻る