広域のニュース

東邦銀がドコモ口座の被害額支払い発表 預金者1人に3万円

 NTTドコモの電子マネー決済サービス「ドコモ口座」を通じた不正な預金引き出し問題で、東邦銀行は11日、預金者1人に被害額3万円を支払ったと発表した。ドコモ側との補償協議には時間がかかるとみて被害者救済を優先した。
 同行によると、11日現在で確認されている被害は1件のみ。今後、ドコモ側との補償協議が整わない状態のまま新たな被害が判明した場合、同様にいったん同行が被害額を支払う考え。
 ドコモは10日に被害の全額を補償する方針を示したが、同行関係者によるとドコモ側の窓口は混乱していて、実際の補償に向けた協議は進んでいないという。同行は「まずは被害者に安心してもらえるように支払いを決めた」と説明した。


関連ページ: 広域 社会

2020年09月12日土曜日


先頭に戻る