青森のニュース

絵本に出てくるクッキーいかが 書店と菓子卸がコラボ

童話に出てくるクッキーが味わえる「カッパのおさら」

 青森県八戸市の木村書店と菓子卸業「鈴菓」が、創作絵本と物語に登場するクッキーを組み合わせたコラボ商品を作った。絵本を手掛けた木村書店の店長及川晴香さん(32)は「読み聞かせの後に、親子でお菓子を楽しく食べてほしい」と話す。
 書店と取引がある鈴菓の担当者が、本に関する情報を会員制交流サイト(SNS)で積極的に発信する及川さんに連携を持ち掛けた。「おいしい食べ物が出てくる童話が好きだった」という及川さんが、絵本と菓子の組み合わせを思いついた。
 及川さんが童話「カッパのおさら」を制作した。鈴菓は、物語に出てくるカッパの頭の皿を模したクッキーを食品会社に依頼して製造。絵本と抹茶味の6枚を、本の形をしたパッケージに詰めた。
 1箱1296円で150個を用意し、15日に発売する。木村書店のほか、八戸市や三沢市の商業施設でも販売する。連絡先は木村書店0178(24)3366。


関連ページ: 青森 経済

2020年09月13日日曜日


先頭に戻る