宮城のニュース

空駆ける石巻の町工場(1) 金属研磨の技術で世界へ

タービンブレードと同等サイズの金属の研磨作業を見せる佐藤さん=宮城県石巻市のエヌエス機器
田園地帯にあるエヌエス機器の工場

 「この部品が空へ行く。大きなプレッシャーを負いながらも、みんな夢を持って取り組んでいる」
 技術向上を統括する製造技術課の高橋盛二課長(40)が、従業員の意気込みを代弁する。

 金属研磨を手掛ける宮城県石巻市のエヌエス機器は、三陸自動車道河北インターチェンジから北西へ10キロほど、旧北上川沿いの田園地帯に小さな工場を連ねる。
 最も新しい第5工場。ここで磨き上げられるのが「タービンブレード」だ。世界中を飛び回る大型航空機のエンジンに欠かせない部品。作業員10人ほどがペン型やベルト状の電動工具を手に、真剣な目で作業に当たる。
 タービンブレードはニッケル合金製で、エンジンの「羽根」として1台に1000枚以上使われる。最前面の「ファンブレード」が取り込み、「コンプレッサーブレード」が圧縮した空気を、最終的に燃焼部へ送り込む役割を担う。
 研磨によって高温と高速回転への耐久性を高め、燃焼効率を上げることはエンジン自体の品質に直結する。不具合は重大事故にもつながる。目指すのは、表面の凹凸が1000分の1ミリ以下という高い精度だ。
 高橋課長は「ピカピカにすればいいわけではない。『限りなくゼロ』に追い込む。でも削りすぎて『マイナス』になれば、形状が崩れてしまう」と難しさを説明する。複雑な形状に応じ、大小の工具を駆使する技術と経験が問われる。
 ブレード加工課の佐藤絵美さん(37)は2015年10月、パートとして入社した。めきめきと研磨の技術を身に付け、18年9月に正社員に。今では手順書の作成や後輩の指導もこなす、精鋭の一人だ。
 「扱う部品の変化が激しい。同僚とのコミュニケーションや信頼関係を大事にしてきた」と佐藤さん。「どんな部品でも『ここでしかできない』ような部署になれるよう、さらにスキルアップしたい」。モチベーションは高い。

 エヌエス機器は1986年に創業し、当初は自動車部品の加工がメインだった。相馬市に工場を持つIHIキャスティングス(東京)の取引先となり、2015年に航空機部品事業を担うブレード加工課を設置した。
 19年4月、専用の第5工場を新設し、今年初めには航空機部品が売上高の4割以上を占めるまでになった。米ボーイング社の新型機のタービンブレードを担当することも内定。宇宙ロケットや戦闘機にも幅を広げつつある。
 「時代に合わせて変化し、なんとか生き残ることができた」。創業者の阿部秀敏社長(61)が述懐する。控えめな言葉の裏には、時代の風に翻弄(ほんろう)され、あらがいながら、風を読み、つかんできた歴史があった。

 役員・従業員45人の小さな会社ながら、航空機部品の研磨を主力事業に成長させた宮城県石巻市のエヌエス機器。バブル崩壊、東日本大震災、新型コロナウイルス禍と難局が続く中、技術を文字通り磨いてきた町工場の航跡をたどる。
(報道部・高橋一樹)


関連ページ: 宮城 経済

2020年09月14日月曜日


先頭に戻る