宮城のニュース

仙台銀、2段階認証を導入へ ドコモ口座不正受けセキュリティー強化

 NTTドコモの電子マネー決済サービス「ドコモ口座」を利用した不正な預金引き出しが相次いだことを受けて、仙台銀行は15日、同行口座をドコモ口座などへ登録する際に2段階認証を取り入れ、セキュリティーを強化すると発表した。30日をめどに導入する。
 これまでは名前、生年月日、口座番号、届け出の電話番号、キャッシュカードの暗証番号で登録可能だった。新たな認証方式は届け出の電話番号に電話をかけて1回限りのパスワードを通知。登録などの際に入力する手順を追加する。
 同行では現時点で被害が確認されていないが、ドコモ口座への新規登録やチャージ(入金)を当面停止している。


関連ページ: 宮城 経済

2020年09月16日水曜日


先頭に戻る