宮城のニュース

新型コロナ 宮城で6人感染(16日)

 宮城県と仙台市は16日、20〜60代の男女6人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。県内の感染確認は22日連続。2人は無症状で、ほかの4人も重篤ではない。現時点の感染経路不明は5人。仙台市内の感染確認は計231人、県内は計337人となった。
 県などによると、仙台市の40代自営業の男女は同居家族で、卸売り関係の仕事に従事。女性は8日に発熱などがあり、男性は12日に喉に違和感を覚えた。
 同市の20代女性会社員は、既に感染が判明している市内の患者と仕事上の関係があり、検査を受けた。
 塩釜市の50代自営業男性は同市の40代女性の濃厚接触者。多賀城市の40代女性から2次感染した。6日に鼻の違和感などがあった。塩釜市の50代女性アルバイトは無症状だが、14日に医療機関を受診した。富谷市の60代男性会社員は10日に全身の倦怠(けんたい)感が現れた。


関連ページ: 宮城 社会 新型コロナ

2020年09月17日木曜日


先頭に戻る