宮城のニュース

岩沼係長が友情出演 姉妹都市・南国市の動画で市民にエール

高知県南国市の動画に出演している岩沼係長

 宮城県岩沼市のマスコットキャラクター「岩沼係長」が、姉妹都市の高知県南国市を盛り上げる動画に出演している。新型コロナウイルスの影響で都市間交流が停滞する中、岩沼係長が両市の懸け橋を担っている。
 出演しているのは、南国市の「土佐のまほろば祭り運営委員会」が制作した約7分間の動画。新型コロナの影響で中止となった南国市の夏恒例のまほろば祭りの代わりとして、市民にエールを送る動画制作が企画され、岩沼市も7月に参加依頼を受けた。
 動画では南国市のテーマソングに合わせ、岩沼係長が市政PR用ボードの前で踊りを披露。菊地啓夫岩沼市長も登場している。動画投稿サイト「ユーチューブ」で配信しており、岩沼市のホームページでも閲覧できる。
 岩沼市と南国市は1973年に姉妹都市となった。岩沼市のいわぬま市民夏まつりに南国市が毎年出展するなど友好関係を深めてきたが、新型コロナの影響で交流事業は中断している。
 岩沼市さわやか市政推進課の担当者は「今できることで南国市を盛り上げたい。できる限り交流を続けていきたい」と話す。市は広報誌10月号で姉妹都市と友好都市を特集する予定。


関連ページ: 宮城 社会 新型コロナ

2020年09月18日金曜日


先頭に戻る