宮城のニュース

宮城3病院連携・統合 名取への立地を 地元3医師会が県に要望

 宮城県立がんセンター(宮城県名取市)など3病院の連携・統合に向けた協議で、名取市、岩沼市、亘理郡の3医師会は17日、想定される統合後の新病院を名取市内に立地するよう求める3会長連名の要望書を村井嘉浩知事宛てに送った。
 要望書は富谷市が病院誘致に名乗りを上げていることを挙げ「県立がんセンターが富谷市に移転すれば、名亘地区(名取市、岩沼市、亘理郡)の住民、地域医療にとって大きな損失になる」と強調。「各地域の均衡ある医療資源の配分にも反する」と指摘した。
 名取市医師会の丹野尚昭会長は仙台市北部周辺に医療機関が集まっているとの認識を示し「(富谷への立地は)地域バランスが崩れ、医療格差につながる」と話した。


関連ページ: 宮城 社会

2020年09月18日金曜日


先頭に戻る