福島のニュース

新型コロナ 福島の患者2人が死亡

 福島県は17日、新型コロナウイルスに感染し、県内の医療機関に入院していた70代男性2人が死亡したと発表した。県内の感染者の死亡は初めてで、東北では5、6人目となる。
 内堀雅雄知事は新型コロナ対策本部員会議で「心から哀悼の意を表する。今後とも県民の生命と健康を守るため、感染防止対策に全力で取り組む」と述べた。
 県はまた、南相馬市の60代男性が新型コロナに感染したと発表した。県内の感染者は計218人となる。
 東北で死亡した新型コロナ感染者は宮城県2人、青森県1人、山形県1人。


関連ページ: 福島 社会 新型コロナ

2020年09月18日金曜日


先頭に戻る