宮城のニュース

名取・閖上のサイクルスポーツセンター復旧工事完了 10月3日開業

復旧工事を終えた名取市サイクルスポーツセンター=宮城県名取市閖上

 東日本大震災の津波で全壊した宮城県名取市閖上の市サイクルスポーツセンターの復旧工事が完了し、現地で19日、報道機関向けの内覧会があった。10月3日に開業する。
 敷地面積約3万6000平方メートルで、屋外に震災前と同規模となる1周約4キロの自転車走路などを整備した。宿泊・管理棟は天然温泉の浴場を備え、最大100人の宿泊客を受け入れる。自転車130台を収容する車庫棟も併設している。
 センターは1975年4月に開業。東北で唯一のサイクリング専用施設として親しまれ、最盛期の82年度には約5万4500人が利用したが、津波で施設が全壊した。
 総事業費は約25億8000万円。センターの開業により、震災の復旧復興に関する市内の主なハード事業が終了する。


関連ページ: 宮城 社会

2020年09月20日日曜日


先頭に戻る