宮城のニュース

<楽天>ソフトバンクに3−1 勝率5割に戻す

プロ初登板し、6回途中1失点と好投した東北楽天先発の滝中
7回東北楽天無死一、三塁、浅村が中前に勝ち越し打を放つ

 東北楽天が接戦を制し、勝率5割に復帰。ソフトバンク戦の連敗を5で止めた。打線は三回、鈴木大の左前適時打で先制。1−1の七回は浅村の中前適時打で勝ち越した。九回には茂木の適時打で加点した。プロ初登板の先発滝中はテンポ良く打たせて取り、六回途中1失点と試合をつくった。2番手酒居が3勝目。九回を締めたブセニッツが12セーブ目を挙げた。
 ソフトバンクは打線につながりを欠き、連勝が3で止まった。

 ソフトバンク−東北楽天17回戦(ソフトバンク10勝7敗、14時01分、ペイペイドーム、11,937人)
東北楽天 001000101−3
ソフトバンク000001000−1
▽勝 酒居34試合3勝1敗
▽S ブセニッツ31試合1勝1敗12S
▽敗 高橋礼34試合4勝2敗


2020年09月20日日曜日


先頭に戻る