福島のニュース

原子力災害、記憶つなぐ 福島・双葉伝承館開館

原発事故の映像が流れるスクリーンに見入る来館者=20日、福島県双葉町の東日本大震災・原子力災害伝承館

 東京電力福島第1原発事故を後世に伝えるため福島県が双葉町に整備した東日本大震災・原子力災害伝承館が20日、開館した。収集した資料約24万点から約170点を展示し、原発事故が地域にもたらした影響と復興の歩みを紹介する。
 伝承館は津波被災地区に総工費53億円で建設。事故の経過を振り返るシアターに続き、発生から復興までの取り組みを5コーナーで解説する。当初の7月の開館予定が新型コロナウイルスの影響で2カ月遅れた。
 20日は開館に先立ち高村昇館長(長崎大原爆後障害医療研究所教授)が「福島が未曽有の災害からどのように復興したか知ってほしい」とあいさつ。初日は1051人が来館した。
 伝承館の展示内容には原発がはらむ危険性や県が誘致した経緯への言及が少ないとの指摘もある。高村氏は取材に「(原発の危険性に)触れるかどうかは来館者の声などを聞いて検討する」と述べた。20日は内堀雅雄知事と2人の副知事は現地に来なかった。
 開館時間は午前9時〜午後5時。火曜休館。入館料は大人600円、小中高生300円。


2020年09月21日月曜日


先頭に戻る