宮城のニュース

新米とカレーなるコラボ 仙台・荒浜アグリと3専門店、詰め合わせ宅配開始へ

キクチカレーのカレー。宅配では3店の味が1、2種類ずつ楽しめる
26日のイベントについて打ち合わせる菊池さん(中央)や渡辺さん(右)ら=16日、仙台市太白区のジンジャーカリー・アイ

 仙台市のカレー専門店3店と農業法人荒浜アグリパートナーズが連携し、冷凍カレーと新米をセットにして宅配する取り組みを始める。それぞれの顧客を生かし、販路を広げ合う。26日にカレーとご飯を味わえるPRイベントを市内で開き、予約受け付けを始める。
 3店は、イベントなどに出店している「キクチカレー」、宮城野区田子の「スリーフレーバーカレー」、太白区緑ケ丘でテークアウト中心に営業する「ジンジャーカリー・アイ」。
 新米が本格的に出回る10月中旬以降、コメを仙台市周辺の家庭に宅配する荒浜アグリが、3店のカレー詰め合わせを一緒に届ける。遠方からの注文にも、配送に宅配便を活用し応じる。
 3店は新型コロナウイルス感染拡大を受け、カレーで東北を元気にしようと「東北カレー同盟」を結成。4月から共同で冷凍カレーを通信販売している。農業生産者を応援する新事業を企画し、交流のある荒浜アグリに声を掛けた。
 同法人は東日本大震災の津波で被災した農家らが2012年に設立。コメは約30ヘクタールで作付けする。販売企画課長の渡辺智之さん(41)は「ご飯もしっかり味わえるのがカレー。カレー店とは互いにお客さんを広げていける」と期待する。
 キクチカレーを営む菊池正浩さん(37)は「カレーはコメも野菜も使う。カレーによって多くの人の力になれればいい」と語る。
 26日のイベントはジンジャーカリー・アイが会場。午前11時と午後1時半から、入場料1800円でカレー3種とドリンクを味わえる。野菜も販売予定。宅配セットは3150円(コメ3キロ)から。会場で予約すると送料無料。連絡先はキクチカレー080(3330)1237。


関連ページ: 宮城 経済

2020年09月22日火曜日


先頭に戻る