宮城のニュース

東北楽天、通算1000勝 2005年の参入から16年目で到達

チーム創設から1000勝を達成し、ファンに向けてボードを掲げる三木肇監督=楽天生命パーク宮城(写真部・鹿野智裕撮影)

 プロ野球東北楽天は22日、楽天生命パーク宮城(仙台市宮城野区)で行われたロッテ16回戦に12−4で勝利し、2005年の新規参入から16年目、2220試合目で通算1000勝に到達した。通算成績は1000勝1167敗53分け、勝率4割6分1厘。
 東北楽天は04年10月、近鉄とオリックスの合併に端を発した球界再編の中、県営宮城球場(現楽天生命パーク宮城)を本拠地に創設された。05年3月26日の開幕戦でロッテを3−1で下し、初勝利を挙げた。
 故野村克也監督が指揮した09年に2位と躍進し、初めてクライマックスシリーズ(CS)に進出。13年は故星野仙一監督の下、初のリーグ優勝、日本一に輝いた。


2020年09月23日水曜日


先頭に戻る