福島のニュース

福島に希望の酒 大熊産酒米の日本酒は「会津娘 帰忘郷」

銘柄名「会津娘 帰忘郷」を発表する(左から)氏家さん、高橋社長、吉田町長、吉岡議長、根本会長

 福島県大熊町は23日、東京電力福島第1原発事故に伴う避難指示が解除された同町大川原地区で収穫された酒米で造る日本酒の名称が「会津娘 帰忘郷(きぼうきょう)」に決まったと発表した。
 収穫した酒米「五百万石」約870キロが醸造を委託した高橋庄作酒造店(福島県会津若松市)に引き渡され、来年2月の完成を目指す。
 「原発事故後に町民がばらばらになったが、常に心には大熊町があり、故郷を忘れずにいる」との思いが込められた。公募で、いわき市に避難する大熊町の佐々木真さんの作品が選ばれた。海外を含め372件の応募があった。
 高橋庄作酒造店は町役場が避難した会津若松市を代表する蔵元の一つ。同社の代表銘柄「会津娘」を冠した純米酒にするという。
 高橋亘社長は「浜通りのコメは初めてだが、品質に問題はない」と評価。「大切な思いが詰まったコメを託された。蔵人一同全力で仕込みたい。会津のコメと同じ仕込みをすることで大熊のコメの特徴を出せると思う」と話した。
 名称は根本友子町農業委員会長、高橋社長、県の酒を応援するシンガー・ソングライター氏家エイミーさんらが審査。吉田淳町長と吉岡健太郎町議会議長が最終選考した。


関連ページ: 福島 社会

2020年09月24日木曜日


先頭に戻る