宮城のニュース

宮城・蔵王町長選、あす投票

 任期満了に伴う宮城県蔵王町長選は27日投票が行われ、即日開票される。立候補しているのは、ともに無所属で、新人の会社社長勅使瓦正樹氏(61)、5選を目指す現職の村上英人氏(68)=自民・公明推薦=。中学3校の統合校舎建設の是非、人口減少対策、地域産業の活性化などの課題を巡り、論戦を交わしている。
 勅使瓦氏は、統合校舎建設の白紙化、仙台市から30分圏内の町北部での宅地造成などを掲げ「中学よりも老朽化した小学5校をどう維持するかが優先課題。都市計画をしっかり作って宅地開発を進め、子育て世帯を呼び込む」と訴える。
 村上氏は、4期16年の実績や国、県の人脈を強調。新型コロナウイルスの経済対策、防災・減災対策、統合校舎建設の推進などを重点に挙げ「農業と観光の循環にも力を入れる。重要な4年間を停滞させてはいけない」と主張する。
 投票は27日午前7時〜午後6時に町内15カ所で行われる。開票は午後7時に町ございんホールで始まり、午後9時ごろには大勢が判明する見通し。21日現在の有権者は1万189人。


関連ページ: 宮城 政治・行政

2020年09月26日土曜日


先頭に戻る