宮城のニュース

女川2号機再稼働阻止の訴え継続 仙台で県民集会

女川原発の再稼働阻止をアピールする参加者

 東北電力女川原発(宮城県女川町、石巻市)の再稼働に反対する宮城県民集会が26日、仙台市青葉区の錦町公園であった。女川2号機の再稼働を巡る自治体の手続きが本格化する中、参加者は重大事故のリスクを訴え、再稼働を止めるまで県民運動を継続することを決議した。
 実行委員会主催で約800人が参加。同委を代表し市民団体「女川原発の再稼働を許さない!みやぎアクション」の篠原弘典世話人は「東京電力福島第1原発事故で大勢の人々が避難し、この10年間苦しんでいる。その現実を見て見ぬふりして再稼働を強引に進めようとしている」と批判した。
 立地自治体の女川町、石巻市両議会は今月、女川2号機の再稼働を容認する陳情を賛成多数で採択した。阿部美紀子女川町議は「事故が起きたら古里に戻れる保障はない」と懸念。市民団体「女川原発の避難計画を考える会」の原伸雄代表は「政治の世界では新しい『安全神話』が生み出されている」と危ぶんだ。
 23日開会した県議会の議論や意思は、村井嘉浩知事による「地元同意」の重要な判断材料となる。野党系県議20人でつくる「脱原発をめざす県議の会」の佐々木功悦会長は「県議会で流れを変える」と誓った。
 集会後、参加者は青葉区の中心部を歩き再稼働阻止をアピールした。


2020年09月27日日曜日


先頭に戻る