宮城のニュース

新型コロナ 宮城で4人感染(26日)

 宮城県と仙台市は26日、10歳未満から50代の男女4人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。いずれも重篤でない。県内の感染確認は32日連続で計389人。このうち仙台市内は計244人となった。
 県と大崎市によると、同市の10歳未満の男子児童は無症状だが、別の疾患に伴って受けたPCR検査で陽性が判明した。感染経路は不明。25日まで古川五小に通学しており、同居家族のほか、同校の教職員や児童が濃厚接触者。市教委は同校を30日まで休校とし、校舎内を消毒する。同校児童が通う古川稲葉児童センターも30日まで休館する。
 仙台市の50代女性会社員と塩釜市の無職の40代女性も感染経路は分かっていない。ともに発熱や喉の痛みなどの症状があった。
 多賀城市の50代男性会社員は、24日に感染が確認された利府町の50代男性会社員と接触があった。
 男子児童は宿泊療養施設で療養中。他の3人は入院・療養先を調整している。


関連ページ: 宮城 社会 新型コロナ

2020年09月27日日曜日


先頭に戻る