宮城のニュース

秋季高校野球宮城大会 仙台育英9連覇 東北に完勝 3−0

仙台育英―東北 1回裏仙台育英無死一、二塁、秋山の左前適時打で先制のホームに滑り込む二走浅野。捕手中道
柴田―古川学園 6回表柴田無死一塁、村上が右越え2ランを放ち4−2と勝ち越す

 秋季東北地区高校野球県大会は27日、仙台市宮城野区の楽天生命パーク宮城で決勝があり、仙台育英が東北を3−0で下し、9年連続24度目の優勝を果たした。3位決定戦は柴田が古川学園を8−4で振り切り、7年ぶり3度目の秋の東北大会出場を決めた。
 仙台育英は古川、伊藤の継投で東北を2安打に抑え、一回の3点を守り切った。柴田は先発全員の13安打と打線がつながった。
 仙台育英、東北、柴田の3校は10月14日に石巻市民、仙台市民の両球場で開幕する東北大会に出場する。

 ▽決勝

東  北000000000−0
仙台育英30000000×−3

 ▽3位決定戦

柴  田011004110−8
古川学園000200101−4


2020年09月28日月曜日


先頭に戻る