宮城のニュース

<楽天>投打さえず西武に3連敗

3回途中5失点で降板する東北楽天先発の滝中(中央)

 東北楽天は投打に振るわず、同一カード3連敗。
 先発滝中は制球が甘く、一回2死満塁から外崎に先制打を許した。二回にも2点を失い、三回途中5失点でKO。2−5の七回には4番手寺岡が1失点し、リードを広げられた。打線はつながりを欠き、四回のロメロ、七回の小深田のソロで計2点を奪うにとどまった。
 西武は4位浮上。先発松本が7回4安打2失点で4勝目。


西武−東北楽天17回戦(西武9勝7敗1分け、13時00分、メットライフドーム、9,412人)  
東北楽天000100100−2
西  武12200010×−6  
▽勝 松本14試合4勝3敗  
▽敗 滝中2試合1敗  
▽本塁打 ロメロ20号(1)(松本)小深田1号(1)(松本)


2020年09月28日月曜日


先頭に戻る