宮城のニュース

はらこ飯の発祥をPR 亘理でスタンプラリー

スタンプラリーのポスター

 はらこ飯発祥の地をPRする宮城県亘理町観光協会は10月1日、誘客キャンペーン「はらこめしDEスタンプラリー」を始める。新型コロナウイルスの影響を受ける町内の商店を幅広く利用してもらおうと、はらこ飯を提供する23店舗に加え、ほかの飲食店や菓子店など31店舗が初めて参加する。
 11月30日までの期間中、はらこ飯提供店とそのほかの店舗の2種類のスタンプを台紙に押印してもらう。台紙は参加店で手に入る。町役場、悠里館、わたり温泉鳥の海、馬上かまぼこ店笹かまの郷の4カ所に設置する応募箱に投函するか、観光協会に郵送する。
 総額100万円相当のプレゼント235本を用意した。抽選で1等のわたり温泉鳥の海ペア宿泊券(4万円相当)5本、2等の民宿浜まつ、中正旅館のペア宿泊券(2万円相当)各10本、3等の町特産品詰め合わせ(5000円相当)20本などが当たる。国の地方創生臨時交付金を活用する。
 町観光協会は「亘理に足を運んで、秋の郷土料理をはじめ、食事や買い物を楽しんで」と呼び掛ける。連絡先は同協会0223(34)0513。


関連ページ: 宮城 経済

2020年09月29日火曜日


先頭に戻る