宮城のニュース

新型コロナ 仙台で5人感染(28日)

 仙台市は28日、10歳未満の未就学男児、20代の男性会社員と女子学生、30代女性会社員、50代市職員男性の5人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。仙台市以外はゼロ。宮城県内の感染確認は34日連続で計397人、このうち市内は計252人となった。
 50代男性は若林区まちづくり推進課職員で、27日に感染が判明した泉区南光台証明発行センター職員の濃厚接触者。18日夜に発熱や頭痛などの症状が現れた。16〜18日と23〜25日は出勤。庁舎4階の同課窓口や会議で市民と接した。市保健所が濃厚接触者を調べる。
 10歳未満男児は26日に感染判明の50代女性会社員、30代女性は12日判明の40代男性会社員の濃厚接触者。30代女性は既に4人の感染が分かった多賀城市の接待を伴う飲食店に滞在した。
 20代男女2人は感染経路不明。男性は25日に倦怠(けんたい)感が現れる前の今月下旬、私用で東京都内に滞在した。
 新規感染者5人はいずれも重篤な状態ではない。


関連ページ: 宮城 社会 新型コロナ

2020年09月29日火曜日


先頭に戻る