宮城のニュース

ベガルタ募金で学びの機会 仙台の英会話教室、1ヵ月分受講無料に

 経営危機に直面しているサッカーJ1仙台などの運営会社、ベガルタ仙台(仙台市)への募金協力者を、スポンサーのジェイムズ英会話(同市)が英会話教室に無料招待するサービスを始めた。学びの機会を提供し、クラブが行っている募金活動の盛り上げを図る。
 ジェイムズ英会話は2019年からJ1仙台、なでしこリーグのマイナビベガルタ仙台レディースのスポンサーとなっている。
 英会話教室への招待はクラウドファンディングや口座振替などによる1000円以上の募金協力者が対象で、青葉区の仙台校で1カ月分(4回)の受講料を無料にする。教材は貸し出しと購入を選択可能。既に受講している場合は6回分を無料で追加できる。
 ベガルタ仙台の20年度決算は新型コロナウイルスの影響などで約3億5000万円の債務超過に陥る見通し。ジェイムズ英会話の木川賢一朗社長(39)は「新型コロナの影響でわれわれも苦しく、スポンサーとして追加の支援ができず、何かできないかと考えていた。少しでも力になれたら」と話す。
 受講には支払いが確認できる振込票などを持参するか、仙台校に設置した募金箱にスタッフが確認できる形で募金する必要がある。連絡先は仙台校022(267)4911。


関連ページ: 宮城 社会

2020年09月30日水曜日


先頭に戻る