宮城のニュース

街も人も秋モード 仙台・衣替え

色づき始めた街路樹の下を、制服姿で通学する高校生=1日午前7時55分ごろ、仙台市宮城野区榴岡2丁目

 宮城県内は1日、低気圧の影響で曇り空が広がった。衣替えの日を迎え、秋冬用の制服を来た中高生やネクタイを締めた会社員が、新型コロナウイルス感染防止のためマスク姿で学校や職場に向かった。
 仙台管区気象台によると、同日の最低気温は仙台16.6度、石巻14.2度、白石14.3度。各地で平年並みか平年をやや上回る、秋らしい朝となった。仙台の正午までの最高気温は18.8度だった。
 仙台市宮城野区のJR仙台駅東口では、赤く色づき始めた街路樹の下を、紺色のセーラー服姿の女子生徒らが登校した。カーディガンを羽織った生徒もいた。
 気象台によると、2日の県内は高気圧に覆われ、晴れや曇りとなる見込み。


関連ページ: 宮城 社会

2020年10月01日木曜日


先頭に戻る