宮城のニュース

<楽天>ソフトバンクに9−3、連敗止める 涌井4年ぶり10勝目

8回2失点で10勝目を挙げた東北楽天の涌井(坂本秀明撮影)

 東北楽天は投打がかみ合い連敗を4で止めた。
 先発涌井は8回6安打2失点の好投で、4年ぶりの10勝に到達した。打線は一回、鈴木大の左翼線適時二塁打などで一挙4点を先取した。二回は小郷の今季1号となる左越えソロなどで3点を追加し、序盤で試合の主導権を握った。
 ソフトバンクは先発武田が誤算。二つの暴投など制球を乱し、二回途中4安打7失点で2敗目を喫した。

 東北楽天−ソフトバンク20回戦(ソフトバンク11勝9敗、18時01分、楽天生命パーク宮城、6,051人)
ソフトバンク000010011−3
東北楽天  43000101×−9
▽勝 涌井15試合10勝3敗
▽敗 武田5試合2勝2敗
▽本塁打 小郷1号(1)(武田)


2020年10月01日木曜日


先頭に戻る