宮城のニュース

宮城3病院連携・統合「仙台市長も積極関与を」 静観に議員苦言

仙台市役所

 宮城県立がんセンター(名取市)と東北労災病院(仙台市青葉区)、仙台赤十字病院(太白区)の連携・統合に関する協議を静観する郡和子市長に対し、1日の市議会9月定例会決算等審査特別委員会で、議員が市外への移転の阻止に向け「積極的に関わるべきだ」と苦言を呈する場面があった。
 質問したのは橋本啓一氏(自民党)。「仮に3病院が統合、市外移転となった場合、市の医療体制に大きな影響があるのは明らか」と指摘。富谷、名取両市が統合移転を想定し、誘致に名乗りを上げており「統合する場合も(新病院は)仙台市につくってほしい」と表明すべきだと提案した。
 これに対し、郡市長は2病院移転の影響を認めつつも「まだ統合や移転など具体的な議論に至っていないようだ。市民生活への影響に配慮して検討を進めるよう、私が県に意見を申し上げることも念頭に状況把握に努める」などと、歯切れの悪い答弁に終始した。
 橋本氏は「(気付いた時には)全てが決まっているということもある」と悠長に見える市長の姿勢を心配し「後手に回らない対応、取り組み、調査をお願いしたい」とくぎを刺した。


関連ページ: 宮城 政治・行政

2020年10月02日金曜日


先頭に戻る