宮城のニュース

新型コロナ 宮城で7人感染(1日)

 宮城県と仙台市は1日、20〜60代の男女7人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。2人は無症状、他の5人も重篤ではない。7人のうち2人が現時点で感染経路が不明。県内の感染確認は37日連続で計413人、うち仙台市内は計261人となった。
 仙台市の20代女性会社員と栗原市の20代女性公務員は、9月29日に感染が判明した栗原市の50代男女2人と接触があった。
 仙台市の40代女性は市内の歯科診療所勤務。9月29日に感染確認された同市30代女性の同僚で、マスクを着けないまま、十分な距離を取らずに会話した。診療時は感染防止対策を講じ、市は現時点で患者への感染はないとみている。市内の30代男性会社員と同市に帰省中の県外在住の30代無職女性も30代女性と接触があった。
 石巻市の50代男性会社員は9月23〜26日、首都圏に滞在。塩釜市の60代自営業男性は同9日に悪寒を訴え、10月1日まで断続的に働いた。
 栗原市は、職員1人が感染したと発表した。消毒のため高清水、瀬峰の両総合支所を5日午後1時まで休止する。


関連ページ: 宮城 社会 新型コロナ

2020年10月02日金曜日


先頭に戻る