宮城のニュース

<楽天>岸の好投フイ ソフトバンクに1−4

7回ソフトバンク1死三塁、甲斐(右)に勝ち越しスクイズを決められた東北楽天2番手の松井(佐藤琢磨撮影)

 東北楽天は救援陣が踏ん張れず、逆転負けを喫した。1−0の七回、2番手松井が適時二塁打とスクイズで2点を奪われ、試合をひっくり返された。後を継いだ牧田、ジョンソンも共に1失点。先発岸は6回を1安打無失点と好投しただけに悔やまれる。
 打線は四回、島内の右越えソロで先制したが、その後はつながりを欠いた。
 ソフトバンクは先発石川が七回途中1失点で7勝目。

 東北楽天−ソフトバンク21回戦(ソフトバンク12勝9敗、18時00分、楽天生命パーク宮城、5,751人)
ソフトバンク000000211−4
東北楽天  000100000−1
▽勝 石川13試合7勝3敗
▽S 森39試合1勝1敗23S
▽敗 松井11試合3勝4敗
▽本塁打 島内8号(1)(石川)甲斐8号(1)(ジョンソン)


2020年10月02日金曜日


先頭に戻る