宮城のニュース

新型コロナ 宮城で5人感染(2日)

 宮城県と仙台市は2日、新たに30〜80代の男女5人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。いずれも重篤ではない。3人の感染経路が不明。県内の感染確認は38日連続で計418人、このうち市内は計264人となった。(16面に関連記事)
 県などによると、仙台市の50代男性公務員は若林区総務課の職員。既に感染が判明した同区職員2人とそれぞれ接触があった。9月26日に倦怠(けんたい)感や発熱、28日にせきの症状が現れた。24、25日と28〜30日に出勤した。
 30代女性は30日に感染が確認された60代無職女性の濃厚接触者。既に従業員2人の感染が分かった歯科診療所に勤務し、24〜26日に出勤した。50代男性会社員は26日に発熱した。9月中旬に仕事で山形県を日帰りで訪れた。
 大崎市の50代男性会社役員は、県外の陽性患者の濃厚接触者。9月下旬に県外に滞在し、2日に全身の倦怠感などが現れた。塩釜市の80代無職男性は、28日にせきなどの症状があった。


関連ページ: 宮城 社会 新型コロナ

2020年10月03日土曜日


先頭に戻る