宮城のニュース

<楽天>塩見、六回途中無失点の好投 4番手松井が4勝目

4番手で登板し4勝目を挙げた東北楽天・松井

 東北楽天が終盤の大量点で勝負を決めた。
 八回無死二、三塁から、島内の左前適時打で先制。なお2死二、三塁から、辰己の中越え3ランで突き放した。
 投手陣は、先発塩見が六回途中無失点と好投。寺岡、福山、松井、牧田、ブセニッツが無失点でつないだ。4番手松井が4勝目。
 オリックスは中盤、好機での拙攻が響いた。2番手富山が2敗目。

オリックス−東北楽天16回戦(オリックス8勝7敗1分け、18時01分、京セラドーム大阪、6,355人) 
東北楽天 000000040−4
オリックス000000000−0 
▽勝 松井12試合4勝4敗  
▽敗 富山15試合2敗 
▽本塁打 辰己7号(3)(富山) 


2020年10月03日土曜日


先頭に戻る